現場ブログBLOG

  1. トップページ
  2. 外壁打診調査
  3. 外壁調査時(ロープアクセス工法)の屋上状況

外壁調査時(ロープアクセス工法)の屋上状況

ロープアクセスは原則として「Two rope Two Point」という言葉があります。

※Two rope・・・アンカーが独立した2本のロープ

 Two Point・・・必ず2か所以上でアンカーセッティング

厚生労働省が労働安全衛生規則等を改正した後に行っている「ロープ高所作業特別教育」の内容でも言われている

・「メインロープ」と「ライフライン」は作業箇所の上方のそれぞれ異なる堅固な支持物に、外れないように確実に緊結すること

と同等のことです。

これは万が一1本のロープ(メインロープ)が突起物などとの摩耗で切れた際、もう1本のロープ(ライフライン又はバックアップロープ)で落下を防ぐ目的があります。

もちろんロープが切断することがないように、突起物などの障害物に触れる場合にはロープを保護するために養生(ローププロテクター)することも定められています。

作業計画の作成や作業開始前点検も同様です。

ですので、ロープアクセスでの外壁調査の際は、ロープアクセスが可能かどうかの判断や作業計画の為、事前に屋上確認をさせていただいております。

丸環や架台がある屋上

丸環や架台がある屋上

丸環を使用したロープ設置

丸環を使用したロープ設置

 

 

 

 

 

 

 

 

どこの建物でも同様な造りで丸環や架台の配置が同じなら同じロープの設置方法で済みますが、もちろんそういうわけにはいきません。

下記に少し特殊的な支点をとったロープ設置の例をご紹介します。

 

配管支持金物へ荷重を4点分散させた支点

配管支持金物へ荷重を4点分散させた支点(バックアップ)

パレペットの排水口を支点としたロープ設置

パラペットの排水口↓

排水口を支点としたロープ設置

パラペットの排水口を支点としたロープ設置状況

丸環、架台ともに無い屋上

丸環、架台ともに無い屋上↓

最上階の墜落防止柵を利用した支点

最上階の墜落防止柵を利用した支点

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェンスへの荷重を減らすため、また次の面の調査時の支点の作り替えを減らすため上方からとった支点

 

ほんの一例ですが、作業時の支点の紹介でした。

様々な形状の建物や吊元に使用できる支持物の位置によっては、支点の取り方も様々になります。

あくまで安全第一の為、お断りする可能性もございますが、丸環や架台が屋上に無くともロープアクセスでの調査は可能な場合もありますので、まずはお問合せください。

1 / 11

お見積もりは無料です。

国際標準化機構(ISO)18436-7
世界標準の赤外線技術資格の元、赤外線カメラを扱っております。

大阪本社 TEL.06-6444-0800

東京事務所TEL.03-3556-2307

営業時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)