現場ブログBLOG

  1. トップページ
  2. 外壁打診調査
  3. シーリング(コーキング)の補修目安は?

シーリング(コーキング)の補修目安は?

今年は梅雨の最中のこの時期、漏水の原因と推測される箇所のシーリング打替え依頼が多々あります。

シーリングの主な役割としてクッション材・防水・建物の美観維持や保護などが挙げられますが、寿命としては10年ほどと言われています。

弊社では、打診調査の際に各面のシーリングも数枚程度撮影し、打診調査結果と共に報告しておりますが、10年を超えている建物の場合は、やはりシーリングの劣化も目立ちます。

 

今回は、調査の中で撮影した写真をもとに代表的な劣化現象を紹介していきます。

 

①比較的健全な状態のシーリング

USER0010

 

 

 

 

 

 

 

②塗膜割れ(シーリング自体は正常と思われる)

塗膜のみ割れと思われるシーリング

 

 

 

 

 

 

 

③ひび割れ、白亜化

USER0060

 

 

 

 

 

 

 

④剥離

USER0218

⑤破断

USER0043

 

 

 

 

 

 

 

⑥欠損

USER0025

 

 

 

 

 

 

 

⑦軟化
軟化

 

 

 

 

 

 

④~⑦については防水機能の観点から補修が必要な状況と言えます。

①~③については意匠上問題があり早急に補修が必要という状況ではありませんが、
同一の建物で④~⑦のような症状が数か所ある場合はその部分だけの補修で済ますよりは全体を一度に補修する方が理想的です。

しかし、予算の関係上・・・という場合はロープアクセス工法でなら価格を抑えたピンポイントでの補修が可能です。

タイルの外壁調査の他、シーリングの打替え等についてもぜひお問合せください。

1 / 11

お見積もりは無料です。

国際標準化機構(ISO)18436-7
世界標準の赤外線技術資格の元、赤外線カメラを扱っております。

大阪本社 TEL.06-6444-0800

東京事務所TEL.03-3556-2307

営業時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)