現場ブログBLOG

  1. トップページ
  2. 外壁打診調査
  3. 外壁調査で実際にあった危ない事例集

外壁調査で実際にあった危ない事例集

6月も最終日となり、梅雨も後半に差し掛かってきました。

梅雨の時期は外壁調査も予定通り進まないこともありますが、1件1件丁寧に正確に調査は進めていきたいと思います。

さて今回は、過去行った調査の中で、危険な状態にあった劣化状況を少し紹介していきます。

①タイルの孕み

3南面 タイル孕み 画像3広範囲に渡り下地浮きが確認でき、孕んでいる状態でした。

②目地割れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広範囲に渡り目地割れがみられ、向かって左面には浮きが確認でき、打診すると役物まで確実に振動が伝わってくる状態でした

③タイル剥離

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目地でかろうじて繋がっている状態でした。

④タイル剥離

USER0253

広範囲に渡り剥離しています。剥落していないのが不思議なほどで、他の場所では剥落している箇所もいくつかありました。

⑤階段の踏板の錆IMG_0090

腐食がかなり進んでいて、今にも踏み抜きそうな状態です。

⑥モルタル面の爆裂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バルコニーの上裏に爆裂が多数みられました。

 

このような状態を見つけた際には危険箇所としてご報告し、早急な対応をお勧めしております。

もちろん調査時に対応可能な範囲であれば、対処させていただくこともございます。

(ロープアクセス工法での調査時に、タイル剥離が数枚程度で手で撤去できるような状態など)

思い当たるような状況はありませんでしたか?

1 / 11

お見積もりは無料です。

国際標準化機構(ISO)18436-7
世界標準の赤外線技術資格の元、赤外線カメラを扱っております。

大阪本社 TEL.06-6444-0800

東京事務所TEL.03-3556-2307

営業時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)