実績・実例Works

外壁打診調査2019年3月【大阪府】特定建築物調査に於ける外壁タイル調査(ロープアクセス工法による打診調査)

シーリング補修シーリング補修

日時    :平成31年3月

建物住所  :大阪府

目的    :特定建築物調査に於ける外壁タイル調査

調査対象面 :東南西北

調査外壁面積:約2000㎡

外壁材   :石

 

湿式工法と乾式工法及びPcの石面の打診・触診調査をさせて頂いた中で、
パネル面(サッシまわり)より漏水箇所があるという事で
応急的にシーリングの打ち増し作業をさせて頂きました。

当初は外壁打診、目視のみの作業の予定でしたが、
シーリング材を用意しておりお客様のご要望に沿う事できました。

シーリングの劣化による漏水は多々あります。

この様にピンポイントでの作業だったり
高所作業車やゴンドラでの作業が不可能な
建物が隣接していたりする箇所での補修や調査の場合、
ロープアクセスでする事で可能となる事もあります。

また、結果的にコストも抑える事ができ、お客様の満足度に繋がると感じております。