実績・実例Works

  1. トップページ
  2. 実績・事例
  3. 2017年3月【兵庫県】建築基準法第12条による特殊建築物定期報告に於ける外壁タイル調査(外壁赤外線調査)

2017年3月【兵庫県】建築基準法第12条による特殊建築物定期報告に於ける外壁タイル調査(外壁赤外線調査)

2017.03.22
  • 外壁赤外線調査

s_FLIR0002

 

 

 

 

 

 

 

兵庫県 研究センター赤外線調査業務

現地調査日 :平成29年3月 22

建物住所  :大阪府

目的    :建築基準法第12条による特殊建築物定期報告に於ける外壁タイル調査

調査対象面 :東面・西面・南面・北面

調査外壁面積:4600㎡

外壁材   :タイル

調査範囲のタイルを赤外線カメラで撮影した画像を解析した結果、浮きと思われる温度
分布が認められる箇所はありましたが、早急に補修を要する箇所はみあたりませんでした。

目視調査では、エフロ、ひび割れが等が確認できました。これらの損傷を放置しておくとタイルの剥落や漏水の原因に繋がってきますので、できるだけ早期の補修の計画をされる事をおすすめいたします。

 

お見積もりは無料です。

国際標準化機構(ISO)18436-7
世界標準の赤外線技術資格の元、赤外線カメラを扱っております。

大阪本社 TEL.06-6444-0800

東京事務所TEL.03-3556-2307

営業時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)