特殊建築物定期報告の外壁全面打診等調査に対応 外壁 赤外線調査Outer wall infrared survey

赤外線調査費用や安全面から注目されています

赤外線調査法により外壁調査にかかる費用を抑える事ができます。

  • 特殊建築物定期報告で外壁全面調査報告書を提出する必要がある
  • 打診調査の費用が予想以上に高い
  • 外壁全面調査の費用を極力抑えたい
  • スピーディーに現地外壁調査~報告書提出を済ませたい
  • 所有者様の(コスト面・安全面)を軽減して外壁調査をしたい
  • 居住者様への負担(打診音・プライバシー面)を軽減して外壁調査をしたい

デジタル画像

※赤色(高音部)が浮きと思われる箇所 赤外線画像

平成20年4月1日に建築基準法第12条に基づく特殊建築物定期報告制度が改正されました。

建築基準法第12条

手の届く範囲を打診その他を目視で調査し、異常があれば全面打診等により調査し、加えて竣工、外壁改修などから10年を経てから最初の調査の際に全面打診等により調査

全面打診等の
赤外線調査の事を指しています。

外壁全面打診に変わる方法として赤外線調査法が費用や安全面から注目され、行政の建物においても年毎に赤外線調査法で外壁調査を行う事が多くなってきています。

外壁の赤外線調査で使用する赤外線カメラ

Takaoプランニングで外壁調査時に使用する赤外線カメラは、FLIR社製の600シリーズで、
現在市販されているハンディタイプの
赤外線カメラでは最高画素数(約30万画素)です。

外壁赤外線調査の料金 (タイルやモルタル)

外壁㎡単価 120円~300円

上記の㎡単価は外壁面積が1000㎡以上の場合です。

  • お見積りは無料です、お電話やメール・FAX等でご連絡下さい
  • 最短で当日中にお見積書を提出させて頂きます
  • 報告書の構成:(損傷立面図・赤外線画像解析台帳・代表的な損傷写真台帳・調査状況写真)

外壁 赤外線調査に関するお見積もり・お問い合わせはこちら

東京事務所 TEL.03-3556-2307

大阪事務所 TEL.06-6444-0800

お見積り・お問い合わせ

FAX用紙をダウンロード

弊社はitc赤外線サーモグラファーの資格認定を取得しています

外壁赤外線調査のお問合せから報告書提出までの流れ

  • 01お問い合わせ
  • 02お見積もり
  • 03ご注文
  • 04現地調査
  • 05報告書提出
01お問合せ
撮影が可能かどうか、その他ご不明な点がございましたら些細な事でもお気軽にお問合せ下さい。
02お見積もり
外壁面積をお教え下さい。もしくは立面図・平面図をメール等でお送り頂きましたら面積を算出しお見積書を提出致します。
03ご注文
ご発注の際にはご注文書のご発行をお願い致します(現地調査の実施日、報告書の提出期限などについてのお打ち合せ)
04現地調査
晴天の日に赤外線カメラにて対象外壁面の赤外線撮影を行います。同時に手の届く範囲は打診調査を行います。
05報告書提出
紙・データ等ご依頼主様の希望に沿った提出方法で報告書を提出させて頂きます。

赤外線調査・打診調査メリットデメリット

赤外線調査 ロープ打診調査 足場打診調査
料金
安全面
正確性 北面・日影部分は×
作業日数
建物への影響
天候 晴天日のみ可 雨の日以外可 雨の日以外可
料金
外壁打診調査で打診調査を実施される際、屋上にロープやゴンドラを固定出来ない事があります。かといって足場を組むとコストが高くなってしまう。そんな時でも外壁赤外線調査なら撮影だけですので大きくコスト削減が出来ます。
安全面
外壁の赤外線調査は基本的には地上から撮影する為、足場を設置しての打診、ゴンドラ、ブランコ等と比較して安全性が保たれています。
正確性
正確性では1枚1枚打診する打診法に比べると劣りますが、弊社では赤外線撮影したものが責任をもって画像解析までを行なう事により、可能な限り報告書の正確性や完成度を高めております。
作業日数
タイルを1枚1枚打診棒で調査する打診調査と違い、赤外線調査は赤外線カメラでの撮影が主となりますので殆どの場合、現地調査は1日~2日しか要しません。
建物への影響
一枚一枚打診棒で叩くもしくは転がして調査するの打診法に対して赤外線法は外壁に対して非接触となりますので建物外壁への影響が最小限に抑えられます。また居住者様から発生する打診音や部屋を覗かれるなどでの苦情もありません。
(※赤外線カメラ法でも地上から手の届く一部の範囲は打診調査をさせて頂いております)
天候
現地調査日の天候に関しまして赤外線調査の場合、「晴れ」もしくは「晴れ時々曇り」の日でないと撮影できません。ですので調査日は予備日を含め通常2日~3日は予定させて頂いております。